ED-MAXによる体外衝撃波治療

ED-MAX

低出力の体外衝撃波を一定時間与えることで、 ED患部及びその周辺部位の血管新生を促してEDを根本から治療。単にEDの症状を治療するのではなく、血管性EDの原因を治癒し自然な勃起のメカニズムへと促します。

【 ED-MAXによる体外衝撃波治療の特長 】

  • ■ 血管性EDの改善
  • ■ ED患部以外への有害な影響なし
  • ■ 服用している薬に左右されずに効果が得られる
  • ■ 痛み副作用なし

低出力衝撃波治療(Shock Wave Therapy)とは

ED-MAX

低出力衝撃波治療とは、もともと泌尿器科の領域の腎臓結石や尿管結石を切らずに治療するために開発された装置です。つまり、身体の外側から衝撃波を与え結 石を破壊するというメカニズムです。衝撃波は硬いものに当たるとエネルギーを発揮して粉々に砕くという特性を持ちます。しかし、この衝撃波の出力を弱めることで、壊す作用ではなく、ターゲットとなる臓器に弱いエネルギーを与えて、組織の活性化を果たすのが低出力衝撃波治療です。
低出力体外衝撃波治療は狭心症による心臓の虚血部位に対して新生血管が組織血流を増加させるため、世界中の医療機関で臨床応用されています。
ED治療においては、陰茎海綿体の動脈に刺激を与えて新生血管を作り出す効果を生じさせ、海綿体への血流量を増やす目的で使用されます。

治療

大きな痛みやダウンタイム、合併症なく陰茎内の血管をリフレッシュ(血管新生)させるのが治療目的です。

効果の実感

血管拡張の効果からすぐに改善を実感される患者様、1ヶ月程度かけて血管新生からゆっくりと効果を実感される患者様の2通りのタイプがいらっしゃいます。

衝撃波による血管形成効果

1. せん断応力
2. sNOS(内皮一酸化窒素合成酵素)を刺激
3. VEGF(血管内皮細胞増殖因子)の放出
4. PCNA(増殖性細胞核抗原)の生成
5. 新生血管形成

ED-MAXのプロトコール

1. 治療対象
  PDE5阻害薬に反応する血管性勃起障害(ED)患者。患者年齢20才以上
2. 使用機器
  CELLIMPACT Ultra (セルインパクト ウルトラ)
3. 治療プロトコール
  下記プロトコールを1セッション計6回

よくある質問と答え

Q : 痛みはありますか?
A : 治療時の痛みはほとんど感じませんが、部位により痛みを感じる場合は照射位置を変更します。

Q : 効果はどの程度感じられますか?
A : 効果には個人差がありますが、症状によっては1~2回の治療から効果を感じます。

Q : 治療にはどのくらい時間がかかりますか?
A : おおよその治療照射時間は、15分~20分程度です。(6~7箇所)照射後に陰茎部位が熱く感じることがありますが、血管が拡張している状態です。効果が出ていることになります。1~2日で治まります。

その他の治療機器・施術詳細

CLINIC INFO

恵比寿医院

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿3-29-17

ご予約 080-1305-1010
お問合せ 03-6277-1079

診察受付時間
9:00 - 21:00

休診日:水曜・日曜 ★土曜日のみ 18:00 まで
※内科の営業時間は9:00 - 19:00となります。

© Ebisu Clinic All Rights Reserved.